血圧平均森のカップル
 TOP > 血圧 > 血圧
血圧を下げる【食事療法】
最も読まれている記事
カテゴリ

血圧

血圧

血圧とは、「心臓が血液を送り出す時の圧力」と定義されます。

このときの圧力が血圧というわけです。

血圧が平均や正常値を超えて高い状態を「高血圧」といいます。

高血圧の方は、血圧を下げる必要があります。


血圧が高い原因はいろいろあります。

遺伝的なものもありますし、生活習慣からくるものもあります。

生活習慣はすくなからず、資質と関わっていますから、これもある意味で「遺伝」と言えるかもしれませんね。


ではそもそも、血圧が高いと、どうしていけないのでしょうか?

たとえば、庭に水をまくときにホースで水をまきますよね。

そのときに、ホースの先端部分の噴出し口をふさぐとどうなるでしょうか?

結果としてホースの圧があがり、ホースが膨れ上がりますよね。


この例えでは、水 = 血液、ホース = 血管、となります。

つまり、水圧が上がってホースがはちきれんばかりになるのは、血圧が上昇して、血管がはちきれんばかりになるのとおなじなのです。



動脈の太い部分で、あれば血圧の上昇にも多少は耐えられるかもしれません。

しかし、脳細胞に張り巡らされている細かな血管の血圧が高まればどうでしょう?

ひとたまりもありませんね。



また、「血圧が高い」ということは、とりもなおさず、「決められた容量の管に、窮屈になるほど血液が流れている」ともいえます。

実は、これは相対的な話で、血管の内側にコレステロールなどがべったりと付着していれば、血管の実径は細くなってしまいますよね。

でも、そこに流れる血液の量はかわらない…。

すると、どうなりますか?

そうです。血圧は必然的に高くなるのです。

あたりまえですよね。

これが血圧のしくみです。

血圧について、理解いただけたでしょうか。














あなたの高血圧が改善する3つの理由

年間1000人以上の人が、この高血圧改善法を試し、ほとんどの人が血圧を下げています。