血圧平均森のカップル
 TOP > 拡張期 > 拡張 期 血圧 高い
血圧を下げる【食事療法】
最も読まれている記事
カテゴリ

拡張 期 血圧 高い

拡張 期 血圧 高い

お医者さんにいくと、ある一定以上の年齢の場合、必ず血圧を測られますよね。

それで、「血圧は、上が○○、下が○○」と言われます。

このときの、「下」とよばれるのが、拡張期血圧です。

「ちょっと拡張期血圧が高いね〜」とか、「拡張期血圧が高いから注意しなさい」とか、「拡張期血圧が高いから、下げるように」などと言われます。

そういった経験をお持ちの方もおおいのではないでしょうか?




「拡張期血圧」は「最低血圧」とも言われます。

つまり、「ドクッ、ドクッ」と、血管が「収縮」「拡張」した時の、「拡張」の時の血圧なのですね。

血管が拡張すれば、本来の健康な血管であれば、血管が広がり、流れる血液の量は一定なので、結果的に血圧が低くなるはずです。

だから、「拡張期血圧」とか「下の血圧」と呼ぶのですね。

同じ水の量であれば、ホースに流すのと、パイプに流すのでは、パイプに流した方が内部の圧力は減りますね。

それと同じです。



世間でよく言われる、「拡張期血圧 (下の血圧)」が高いとマズい、というのは、実は、次のような理由なのです。

上で述べた理由により、「拡張期血圧」の時、即ち、「最低血圧」では、本来であれば血管が広がって、血圧が低くなるはずです。

でも、これが低くならない…。拡張期血圧が高いまま…。

ということは、つまり、血管が「きちんと拡張していない」ということになりますね。

血管が硬くなっていて広がらないとか、身体のどこかの血管が狭くなっているとか、拡張期血圧が高いままであるのには、いくつかの理由があります。



ですから、拡張期血圧が高いままの場合は、要注意です。

医師の診断を受けた方がよいでしょう。

ご参考までに、年齢別・男女別の平均血圧を下に示しておきます。

各年齢で、右側に書かれているのが「拡張期血圧 (下の血圧)」です。



男性血圧平均

年齢
20〜24:  128、 75
25〜29:  128、 75
30〜34:  129、 77
35〜39:  130、 79
40〜44:  132、 81
45〜49:  136、 83
50〜54:  144、 87
55〜59:  150、 88
60〜64:  156、 91
65〜69:  158、 89
70以上 :   165、 89




女性血圧平均

年齢
20〜24:  121、 72
25〜29:  122、 73
30〜34:  124、 75
35〜39:  127、 78
40〜44:  132、 80
45〜49:  140、 84
50〜54:  147、 86
55〜59:  150、 88
60〜64:  158、 90
65〜69:  166、 91
70以上 :   171、 91






あなたの高血圧が改善する3つの理由

年間1000人以上の人が、この高血圧改善法を試し、ほとんどの人が血圧を下げています。